屋根の塗装工事

厚木の一戸建ての屋根の塗装工事

一戸建てと言うのは、税金やメンテナンスなど何かとお金がかかるものです。

しかし、税金はともかくとして、メンテナンスと言うのは一戸建て住宅を長く使う上ではとても重要な事であり、メンテナンスを行う事で長持ちしてくれるのです。

国内における一戸建て住宅などの建築物の寿命と言うのは50年や60年と言われているのですが、この寿命はきちんとメンテナンスを行った場合の話であり、メンテナンスを行わなければ寿命は短くなってしまうのです。 尚、厚木に在る一戸建て住宅のメンテナンスを依頼する場合は、厚木市などのエリアを対象にしている工務店などにお願いをする事になります。

厚木市と言っても行政区は多数ありますので、一戸建てのメンテナンスを可能にしている行政区と住まいがある行政区が一致している事が条件となります。

一般的に厚木市が対象エリアとなっている場合は、市の中であれば全てのエリアが対象となりますが、確認をしておくと安心なのです。住宅のメンテナンスの中でも外壁と言うのは10年に一度、屋根に関しては8年に一度の割合でメンテナンスをしていく必要が有ると言われているのです。

尚、10年や8年と言うのはあくまでも目安であり、住宅が有る環境に応じて年数は変わるので注意が必要です。住宅の屋根や外壁と言うのは自然の猛威を常に受ける場所となります。

夏場ともなると、屋根の表面温度は80度を超す事も多いと言われており、それだけ劣化が起きやすい場所でもあるのです。太陽の紫外線による劣化、そして劣化が起きることで雨水が侵食し易くなり、建物内部に水気が入る事で湿気が起きることもあれば、建材を腐らせるなどの悪影響を及ぼす事になるのです。

住宅の屋根や外壁と言うのは、劣化する事で建物を守るための耐久性というものが低下する事になります。耐久性が低下したままにしておけば住宅そのものが駄目になってしまうわけです。

そこで必要となるのが塗装リフォームなのです。塗装リフォームと言うと、新築の装いに変わりますと言うキャッチフレーズを耳にする人も多いものですが、確かに塗装リフォームを行えば、新築の時と同じような見栄えが良い一戸建て住宅に生まれ変わるわけです。
しかし、目的は装いを綺麗にするだけではなく、建物を守ってくれる屋根や外壁を作り出す事に在るのです。
塗装工事では下地を作り上げた後に、下塗り、中塗り、そして上塗りと3回から4回の塗装を重ねることで塗料が膜を作ってくれます。
この膜が雨などを弾き飛ばす耐久性を持つものとなり、一戸建て住宅を自然の猛威から守ってくれるのです。”