Just another WordPress site

個人事業主の確定申告

個人事業主の確定申告は税理士に相談しましょう。

個人事業主が毎年必ず行っている作業に確定申告があります。確定申告は一年の所得を決定するために必要な作業となっています。確定申告では売上伝票をはじめ仕入れた商品の代金などが記されている伝票など様々な書類が必要になります。また確定申告は毎年必ず行う必要があり、1円単位であっても間違うことは許されません。もし間違って申告した場合は追徴課税や税務調査の対象となるので、確定申告の作業は正確に行う必要があります。確定申告はその作業量の多さや正確に作業を進める必要があることから、日常の業務に支障をきたしやすく、年末になると憂鬱な気分になる個人事業主の方も多くいるかと思います。

確定申告を個人事業主が行うのは大変な労力と時間が必要になります。そこでおすすめなのが税理士に確定申告の相談をすることです。税理士は依頼者に代わり税務やそれにかかわる作業を代行する税務のスペシャリストです。税理士の主な業務は確定申告などの税務の申告や、それにかかわる書類の作成、日常業務上の記帳作業の代行、財務帳簿の作成、税務に関する相談、税務調査への立ち会いや訴訟時の支援など税務に関することはすべて行っています。個人事業主でも確定申告や税務に関する相談を行うことができるので、積極的に利用することをおすすめします。

個人事業主が税理士に相談することのメリットは様々です。まず確定申告にかかわる作業をすべて行ってくれるので、業務を中断し確定申告の書類を作成する必要がなく本来、得られるはずであった利益を逃すことがなくなります。また、日常業務の中で書類の整理などはおろそかになりがちですが、確定申告の際に必要になる帳簿や書類の管理なども行ってくれるので、大切な書類をしっかりと管理しておくことができるようになります。万一、税務調査が行われた際にも税理士が責任者として対応してくれるので、そのような時にも心強い味方となります。

税理士に相談する費用は確定申告を自分で行う手間を考えればとても安い費用となっています。気になる料金は個人事業主の場合ではおおよそ3万円から5万円が相場となっています。具体的には売り上げが500万円以下では3万円、1000万円以下では5万円、3000万円以下では5万円となっています。売り上げが3000万円以下の場合であれば、この程度の金額で確定申告の相談を行うことができます。毎年、業務を中断し確定申告の作業を行うことを考えればとても安い費用といえます。個人事業主の方で毎年の確定申告で悩んでいる方は、税理士に相談してはいかがでしょうか。