Just another WordPress site

住宅ローンの相談

税理士への相談と住宅ローンについて

税理士は、税に関する専門家であり、その業務としては、税に関する相談を受けることやそれぞれの税に関する申告書を作成することが主なものです。税に関する申告は、所得税や法人税さらには消費税、相続税などが主なものです。所得税は法人税は、事業を行っている人が主なものとなります。相続税は、人が亡くなった際には、一定規模以上の財産を保有していた場合などに課税されるもので、すべての人が課税の対象とされるものではないです。したがってその顧客となる人は、一部の富裕層と呼ばれる相続税の課税対象者や事業を行っている人です。

では事業を行っていないビジネスパーソンはどのようにして1年間の税額を計算するのかというと、確定申告に代わって年末調整という仕組みが設けられています。年末調整は、名からも想像できるように年末に行われるものです。給料明細を確認してみると、毎月一定の金額の税額が控除されていることがわかります。これはその月の給料の金額や扶養すべき親族の数などを基準として毎月控除すべき税額が定められています。そして事業主が控除した税額を預かっておき、原則として翌月10日までに納税者に代わって納付するという制度が定着しています。

そして毎月一定金額を税金として控除され、事業主が代わりに納めた税額と1年間のその人の給料や社会保険料などの総額から本来納めるべき税額との差額を年末に還付もしくは徴収するという制度です。したがってこの年末調整の仕組みが設けられていることで、給与所得を得ている人は原則として確定申告を行う必要はないです。ただし年末調整を受けた人であっても、一定の場合は確定申告を行うことにより税額が還付する制度が設けられています。それは住宅ローンや医療費控除です。特に住宅ローンは大きな金額の税額控除が設けられています。

住宅ローン控除は、住宅の購入の際に組んだ住宅ローン残高の一定割合を税額控除するというものです。従来は年末調整で年税額が確定する人であっても、税理士に相談を行う機会のひとつがこの住宅ローン控除です。税理士への相談なく住宅ローンを組んで結局控除を受けることができないということになれば、その損は人によっては数百万ということも珍しくないです。したがってこの控除を受けるためには、専門家である税理士に相談することが大切だといえます。また時期によっては、税理士の無料相談なども行われているのでそういった機会を利用するのも方法のひとつです。