Just another WordPress site

確定申告の相談

確定申告を税理士に相談について

税理士の業務内容のひとつに、確定申告の代行業務があります。専門知識がない方でも、税理士に相談すれば、申告者に代わって申告を行ってくれます。控除に関しては事細かな指定がありますので、税金のプロである税理士に相談した方が、しっかり申告を行うことができますし、何より自分で申告する手間を省くことができます。税理士が行うのは、確定申告の流れの中の記帳と、確定申告書作成の代行部分です。控除証明などは、申告者宛に届きますので、必要書類を揃えるのは、申告者で行うのが一般的です。また、相談した場合、節税の助言をもらうこともできます。

個人事業主、つまり自営業の方は、毎年確定申告を行なわなければいけないのですが、2014年1月より、白色申告も複式簿記が義務化されており、より申告が複雑化しました。わざわざ税理士に依頼しなくても、市販されている会計ソフトを使うことによって、経理の知識がなくても確定申告書を簡単に作成できるのではないかと、考えている個人事業主の方も存在しているのですが、特に65万円の青色申告特別控除を受ける場合には、素人が会計ソフトを使いこなすことは、ハードルが高いのが実情です。基本的な複式簿記の知識や税法の知識が必要だからです。日本税制には、さまざまな優遇措置が設けられていますので、うまく使いこなすことができれば、節税につながります。ただし、所得税や消費税の特例は、みずからが特例を受ける旨を申告しなければ、適用を受けることができません。税務署では誰もアアドバイスなどはしてくれません。つまり、もともと特例の存在を知っていなければ、適用を受けることができないというわけです。その点、税理士に相談すれば、税制情報や節税対策の方法にも精通していますので、アドバイスを受けながら確定申告の作成を進めていくことができるというわけです。税理士と顧問契約を行うということは、実は経費削減につながります。経理や総務担当の従業員を雇えば、最低でも1か月に15万円程度の給料が発生します。その点、顧問報酬であれば、月額数万円程度で抑えることができます。確定申告以外の経理業務などの、顧問契約を結んで相談された方が、はるかに安く済ませることができるというわけです。事業の業績結果などについても、定期的に正確な業績データの報告を受けることができます。結果、事業の状況を素早く把握することができますので、個人事業を長く安定して行っていくためには、有益な方法となります。