Just another WordPress site

税理士のあるある

税理士事務所のあるあるネタについて

税理士事務所のあるあるネタとしては、事務所で働いている職員は顧問先の経営内容については精通していますが、自分が勤務している税理士事務所の経営内容については知らないケースが多いです。法人化している事務所もありますが、ほとんどの事務所は個人事業主として業務を行っており、重要書類は所長などの限られた人しか閲覧することができないケースが多いです。多くの事務所は必要最小限の人員で業務を行っており、職員の多くは多忙を極めています。そのため、自分が働いている事務所の経営内容について詳しく調べる余裕はありません。

税理士事務所のあるある情報として、事務所で働いている職員は税理士を目指して勉強をしている人が多く、無資格の人が多数を占めています。昔ながらの徒弟制度が残っており、師匠と弟子のような関係で、仕事を修行と考えている職員が多いです。そのため給料は一般のサラリーマンよりも安く、職員はそれを納得したうえで働いています。国家資格を取ると事務所を辞めて独立するケースが多いです。独立する時には、暖簾分けのような形で仕事を紹介してもらえる場合があります。後継者がいない事務所では、国家資格を取得すると事務所を継ぐこともあり、所長になることができます。

税理士事務所のあるあるネタとして、仕事が終わったら直ぐに帰る職員が多く、残業をできるだけしないようにする人が多いです。仕事が終わってから遊ぶのではなく、多くの職員は仕事が終わってから、国家試験の受験勉強をします。専門学校に通っている職員も多く、仕事が終わると軽く食事をして、学校に通って勉強をします。自宅で通信講座を受けている職員も多く、動画配信やDVDなどを使って、自宅で受験勉強をします。仕事が終わってから受験勉強をするのはとても大変ですが、将来の夢の実現のために、合格を目指して勉強に励んでいます。

税理士事務所のあるあるネタとして、親の仕事を継ぐケースが多く、税理士の息子や娘は、大学の法学部を卒業すると、親の事務所で働くことが多いです。自分の子供であっても厳しく接して、一人前になるまで育てます。自分の子供が国家試験に合格すると、後継者として事務所の経営にも携わるようになります。親が高齢になると親は引退し、自分の子供に事務所を引き継がせます。その他のあるあるネタとしては、最近の会計事務所はIT化が進んでいますので、事務所の職員はコンピュータに詳しい人が多いです。そのような人は、表計算ソフトもマクロ言語を使ってプログラミングができます。

最新記事

  • 税理士への相談と住宅ローンについて 税理士は、税に関する専門家であり、その業務としては、税に関する相談を受ける …

    住宅ローンの相談

  • 税理士への相談と年末調整について 税理士の仕事は、端的に表現すると、税に関する相談やそれにかかわる申告書の作成 …

    相談と年末調整